個人再生をすれば家を手放す必要がなくなります

どうしても痩せたい時のダイエット

 

どうしても痩せたい時のダイエット法を紹介します。
ただ、「どうしても痩せたい!」というときにやるダイエットは、
多少の無理が必要になります。
その覚悟で、体を壊さない程度にダイエットをしましょう。

 

 

 

×おやつは食べない
ダイエッターのほとんどはおやつ好き?!
食べたいおやつも、ダイエットのときは避けましょう。
どうしてもおやつを食べたい!という場合は、水か無糖の炭酸を飲むと◎。
また、1日3食を5食に増やし、
小分けして食事をすると良いと言われています。

 

 

 

×よく噛んでゆっくり食べる
ガツガツ食べると消化しにくいので、どうしてももっと食べたくなります。
ゆっくりよく噛んで食べるよう心掛けましょう。

 

 

 

×体を動かす
運動は、ダイエットには欠かせません。
家の中でできる運動もありますので、
外に出て運動をするのはイヤ!という方はトライしてみて下さいね。

 

 

 

×食事を制限する
朝食は必須ですが、夜は食べないor控えましょう。
置き換えダイエットなどをする場合、
朝食ではなく夕食を置き換えると、ストレスになりにくいですよ。

 

 

 

そして、しっかり目標を立てましょう。
「○ヶ月で○kg痩せる!」
という強い意思は、ダイエット成功へ導いてくれます。

 

プロミスと言えば、ご存知消費者金融会社です。
テレビCMでもお馴染みなので、知っている方も多いのではないででしょうか?

 

 

そんなプロミスで、過払い請求ができるのは知っていますか?
過払い請求は、弁護士や司法書士などに依頼するのが基本ですが、
なんと消費者金融であるプロミスでも、請求するおことができるんです!
消費者金融なら、弁護士や司法書士に依頼するよりも、簡単そうですよね。

 

 

プロミスでの過払い請求の流れは、
・プロミスに取引履歴の開示請求
・取引履歴をもとに引き直し計算をする
・過払い金があった場合、返還請求書を作成し、プロミスへFAX
・プロミス担当者と金額、返還日を話し合い
(金額回収で裁判になる場合も)

 

 

この流れは、一般的に多いプロミスの過払い請求です。
当然ですが、すべての人が同じ内容で
過払い金の請求ができるわけではありません。

 

 

 

プロミスの場合は、法律事務所などを通さなくても、
個人で請求できるのがポイントです。
一般的に、弁護士や司法書士などの代理人を通して請求をしますので、
その手間が省かれるのはラクですね。
ただし、必要書類はしっかり準備しておきましょう。

 

借金 弁護士 千葉